SVOD(定額制ビデオオンデマンドサービス)の比較

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

 

 

主要SVOD(定額制ビデオオンデマンドサービス)を比較してまとめてみました。

 

比較しているのは、次のサービスになります。

 

■dTV
■Hulu(フールー)
■U-NEXT(ユーネクスト)
■Amazonプライムビデオ
■Netflix(ネットフリックス)
■FODプレミアム
■TSUTAYA TV
■ビデオパス
■Paravi(パラビ)
■ビデオマーケット

 

【SVODサービス比較表】

サービス名

月額料金(税別)

月間付与ポイント

配信数(レンタル作品含む)

見放題作品数

ダウンロード機能

登録可能な端末数

同時視聴可能数

無料期間

倍速機能

Video Speed Controller

dTV

500円

-

12万

5千〜1万程度?

5

1

31日間

○(アプリ)

Hulu(フールー)

933円

-

5万

5万

△(一部)

制限なし

1

2週間

×

U-NEXT(ユーネクスト)

1,990円

1,200pt

14万

9万

制限なし

4(同一作品視聴の場合は1)

31日間

Amazonプライムビデオ

月間プラン:月額500円(税込)
年間プラン:408円(税込)

-

7万以上

9千以上

制限なし

3(同一作品視聴の場合は2)

30日間

×

Netflix(ネットフリックス)

ベーシック:800円
スタンダード:1,200円
プレミアム:1,800円

-

非公開

非公開

制限なし

ベーシック:1
スタンダード:2
プレミアム:4

1ヶ月

×

FODプレミアム

888円

1,300pt

4万以上

3千

×

7

1

1ヶ月(Amazon Pay支払い)

×

×

TSUTAYA TV

933円

1,080pt

3万2千以上

1万

×(レンタル作品は○)

5

5(同一作品視聴の場合は1)

30日間

ビデオパス

562円

540pt

1万

制限なし

1

30日間

×

Paravi(パラビ)

925円

300円分

8,000本以上

5

1

登録月の月末まで

ビデオマーケット

980円

540pt

22万本以上

2万5千以上

×(セル作品は○)

制限なし

5(同一作品視聴の場合は1)

登録月の月末まで

○(PC)

 

以下に、それぞれの特徴や、実際に使ってみて良かった点・今イチだと感じた点を書いておきます。

 

VODで映画作品を900本以上鑑賞した管理人なりの印象・感想です。

dTV

dTV

 

使ってみてよかったと感じた点

コスパがいい
アプリに倍速機能がある(1.5倍速&2倍速)
アーティストたちのライブ(LIVE)映像も結構あって楽しめる

 

イマイチだと思った点

月に1回程度あるメンテナンス時間が長め(そのあいだ、6時間くらい視聴できない)
プレゼント企画とかよくやっているけれど、当たったことがない

Hulu(フールー)

Hulu

 

使ってみてよかったと感じた点

配信コンテンツはすべて月額料金で見放題(レンタル作品がなく、別途課金がない)
海外ドラマ、日テレ系コンテンツが豊富
英語字幕付きの作品もある

 

イマイチだと思った点

Video Speed Controllerで再生速度を上げても、1.6倍速程度が限界(それ以上のスピードにすると、再生が止まりがちになる) → その後、改善されたようです。
ダウンロード機能がない(→その後導入されましたが、まだ対応しているのは一部コンテンツのみ)

 

U-NEXT(ユーネクスト)

U-NEXT

 

使ってみてよかったと感じた点

ファミリーアカウントを3つまで作れ、同時視聴(サービスの同時利用)もできる
アダルトコンテンツ(成人用のエッチ動画)も用意されている
付与されるポイント(毎月1,200pt)で、NHKオンデマンドのNHK特選見放題パックなどを利用することも可能
付与されるポイント(毎月1,200pt)を、映画チケットと交換したりできる
雑誌の読み放題サービスもある
付与されるポイント(毎月1,200pt)を使って、電子書籍(本・コミック等)を購入することもできる

 

イマイチだと思った点

月額料金がちょっと高め
映画の見放題作品数が多めだけれど、任侠もの・Vシネマ系・古い作品も多い
アプリで作品ダウンロード後、ログアウトをすると(ダウンロード作品が全て)消えてしまう
ダウンロード再生が可能な端末が、1アカウントにつき1台のみ

Amazonプライムビデオ

Amazonプライムビデオ

公式サイト→プライム会員に登録

 

使ってみてよかったと感じた点

コスパがいい
Amazonプライムのほかのサービスも受けられる
解約手続きをしても、終了日(プライム会員資格終了日)まで視聴できる

 

イマイチだと思った点

作品の(プライム特典としての)配信終了期間がいつまでなのか、わかりにくい

 

 

Netflix(ネットフリックス)

Netflix(ネットフリックス)

 

使ってみてよかったと感じた点

オリジナルコンテンツも豊富
邦画などでも、日本語の字幕を表示させることができる
解約手続きをしても、次回請求日の前日まで視聴できる

 

イマイチだと思った点

操作バーが出てくるとき、字幕の位置が移動&文字が小さくなり見にくい

【例】操作バーが出ていないとき
NETFLIX(ネットフリックス)日本語字幕

 

操作バーが出ると、字幕が移動して、字も小さくなります↓
NETFLIX(ネットフリックス)日本語字幕

 

スマホ・タブレットアプリは横画面再生のみ(縦画面再生ができない)

FODプレミアム

FODプレミアム

 

使ってみてよかったと感じた点

フジテレビ系コンテンツが豊富
月に1,300ポイントをもらえる
雑誌の読み放題サービスもある
対象のマンガを無料で読めるサービスもある
購入した電子書籍は、FODプレミアム解約後も読むことができる
複数デバイスでの同時利用が可能(利用デバイスを変えたいとき、ログアウトとか気を使わなくてOK)

 

イマイチだと思った点

パソコンでの使い勝手がいまひとつ(視聴履歴なし・続きから再生されない ※、など)

※→その後改善されたようです。

Video Speed Controllerが使えない(再生速度の変更ができない)
ダウンロード機能がない
8の日のポイントをもらうのに、毎回操作が必要(忘れるとポイントがもらえない)

 

TSUTAYA TV(ツタヤTV)

TSUTAYA TV(ツタヤTV)

 

使ってみてよかったと感じた点

毎月1,080円分のポイントをもらえ、レンタル作品に使える
アダルトコンテンツ(成人用のエッチ動画)も用意されている
グラビアアイドル動画も豊富!(2019年1月末現在、見放題作品2千以上)

 

イマイチだと思った点

「TSUTAYA DISCAS」「TSUTAYAプレミアム」とナビゲーションが混在している感じで、わかりにくいことがある
ジャンルで「邦画」を選択すると「日本の映画」「日本のテレビドラマ」が両方出てくる(「邦画」「国内ドラマ」で分かれていない)
付与される動画ポイントではレンタルできない作品もある
見放題作品はダウンロード視聴ができない
パスワード入力を求められる頻度が高め
パソコン視聴のとき、視聴中断して、ブラウザを立ち上げなおしたり、端末を変えたときなど、続きから再生してくれない
パソコン視聴のとき、スペースキーで「停止⇔再生」となってくれない
パソコン視聴のとき、↑↓キーでのボリューム上げ下げができない

ビデオパス

ビデオパス

 

使ってみてよかったと感じた点

毎月540円分のポイントをもらえ、レンタル作品に使える
映画館の特典もある(TOHOシネマズで毎週月曜は鑑賞料金が1,100円になる等)

 

イマイチだと思った点

パソコン視聴のとき、スペースキーで「停止⇔再生」となってくれない
パソコン視聴のとき、↑↓キーでのボリューム上げ下げができない
見放題作品数は、若干少なめの印象
Wow!IDで利用登録するとき、AMEXが選択できなかった(利用可能クレジットカードは「VISA」「Master」「JCB」)
Wow!IDで利用登録するとき、30日は無料なのに「お支払い金額」が出てきてわかりにくかった

Paravi(パラビ)

Paravi

 

使ってみてよかったと感じた点

国内ドラマ作品は豊富

 

イマイチだと思った点

パソコン視聴のとき、スペースキーで「停止⇔再生」となってくれない
パソコン視聴のとき、↑↓キーでのボリューム上げ下げができない
映画の見放題作品は、若干少なめの印象
あるジャンルで見放題作品のみを一覧表示させる、といったことができない(レンタル作品との混在表示になってしまう)
パソコンサイトは右クリック禁止になっているよう(テキスト情報をコピーとかできない)

 

ビデオマーケット

ビデオマーケット(VideoMarket)

 

使ってみてよかったと感じた点

(レンタル作品も含めた)全体の配信数が多い
毎月540円分のポイントをもらえ、レンタル作品に使える

 

イマイチだと思った点

パソコン視聴のとき、スペースキーで「停止⇔再生」となってくれない
パソコン視聴のとき、↑↓キーでのボリューム上げ下げができない
映画の見放題作品は、若干少なめの印象
一時停止したりすると、Video Speed Controllerの速度が1.0に戻ってしまう
スマホ・タブレットアプリは横画面再生のみ(縦画面再生ができない)